在宅保健師は、子育てしながら無理なく働ける?

保健師が在宅保健師として仕事をする場合の具体的な内容

保健師の仕事をしているのは女性が圧倒的に多いです。女性は男性と異なり結婚や出産があると退職する場合もあります。

その後、暮らしが一段落して保健師に復職を希望しても家事や育児との両立の壁がありなかなか実現しない人も多いです。 そこで<在宅保健師>という勤務方法が注目されてきています。

ここでは、保健師が在宅保健師として仕事をする場合の具体的な内容をご紹介します。 自分の家でできる仕事が在宅保健師なのです。 最も多いパターンが市区町村の保険組合などに登録しておいて地方自治体の保健組織からのリクエストに応じ仕事をすることです。

その中でも「子育て支援」の仕事が特に多いです。 役所や保健センターで子育て支援サポートを在宅でしている保健師は多いですし、それ以外にも講習会の講師をしたり衛生や保健指導をしたりする仕事もあります。

子どもがいる女性が多いですから、保健師としての経験や知識のみならず母親の立場から見た支援を行えることが強みになっています。 また提出レポートがあっても子どもが寝付いたあとからでも作業ができます。

常勤で保健師に復職したい希望があってもできない女性には「自分の時間を上手に調整しながらできる貴重な仕事である」と言えるでしょう。 潜在看護師も同じような復職への問題を持っていますが、看護師と比較すると保健師の方が柔軟に対応できそうです。

ネックになるのはスポットの仕事が多いことです。 一般的な非常勤アルバイトや常勤保健師と比較すると収入も仕事量も少ないです。 けれども保健師の資格を活かせ、自分の空いている時間を活かせるので幼いお子さまをお持ちのママさん保健師には魅力溢れる仕事だと言えそうです。

以上、保健師が在宅保健師として仕事をする場合の具体的な内容をご紹介しました。 問題は在宅保健師の求人は想像以上に少ないことで、どのように探すかが課題です。 保健師専門の転職サイトなどを利用して良い情報を素早くキャッチできるようにしておくことが大切でしょう。

↑ PAGE TOP