保健師の需要は今後も高くなる?

保健師の将来と高齢化社会での役割

医療分野において「健康を保つために一番必要なことは予防である」とされ予防医学の必要性が注目されています。 国にとっても病気を予防することは大切です。 心が安定し暮らしやすい国になるには国民が健康であることでしょう。

国民が健康であれば国全体の生産性がアップして経済力を高めることができます。 病人が増加し病院で治療するケースが多くなると国の健康保険費用の負担が増えることに繋がります。 病気にならないための予防は国民の健康を維持して日本全体の経済力を支えるために重要です。

ここでは、保健師の将来と高齢化社会での役割について考えてみましょう。 病気予防を具体的にするには「定期検診の実施や健康に対する知識が向上すること」です。 それらをサポートする役割を担っているのが保健師です。

2008(平成20)年から「特定健康診査」や「特定保健指導」が実施されています。 40歳から70歳の日本国民に対して「高脂肪」「高血糖」「高血圧」の異常がある場合は、生活習慣病として医師や保健師の指導を受けなければならなくなっています。 地域や会社での検診にも力が入れられますので保健師のニーズは高まることが予想されています。

次に、高齢化社会での保健師の役割について考えてみましょう。 今の日本が抱えている大きな問題が高齢者社会と介護の問題でしょう。 経済大国の日本を築き上げてきた高齢者の人たちに安心できる老後生活を提供することは、私達の大事な役割だと思います。

介護分野でも「ケアマネージャー」や「介護士」など仕事もより細分化・専門化されて質の高い介護が実践されています。 そんな中で保健師の役割も注目されてきました。

とりわけ医療行為ができない老人介護施設では「入所している高齢者がいかに健康に過ごせるか」が重要になります。 保健師の目線で健康管理をしたり、医療機関とのパイプ役になることは大切な仕事になりますし、入所者本人やご家族の相談を聞いたりアドバイスしたりのカウンセラー業務も期待されています。

以上、保健師の将来と高齢化社会での役割について考えてみました。 急病気の時には看護師としての知識と看護スキルも持っている保健師は雇用サイドから見たら複数の人を雇うのと同じ仕事を1人でこなせるマルチプレイヤーとして重宝されるでしょう。

↑ PAGE TOP