保健師は保健所で様々な業務を担当します。

保健所で勤務する保健師の1日の仕事をご紹介

保健師の仕事は勤務先によっても、日によっても違います。 ここでは、一例として保健所で勤務する保健師の1日の仕事をご紹介しましょう。

まずは午前中の仕事です。 保健所の開庁時刻は8時30分ですが8時には出勤し、メールや留守番電話の確認をして本日の業務の物品の準備をします。

8時15分になると朝礼があり「本日の仕事内容の確認」と「他の部署の予定の確認」をします。 8時30分開庁します。 午前中には乳幼児訪問と高齢者を自宅介護している家庭の訪問があります。 その準備と前日に実施した市民健康診断の結果を整理して再検査が必要な人に連絡をします。

乳幼児訪問では先月出産されたお宅を訪問して赤ちゃんの成長を観察します。 同時に産後の母親の健康状態をチェックします。 「おむつ交換」や「授乳」など毎日の赤ちゃんのお世話で困ることはないか?――育児に関するいろいろな角度から相談にのります。

その後、自宅介護をしているご家庭を訪問します。 ここでは高齢者の健康状態を把握して介護する側のご家族の相談やアドバイスをします。 状態によっては自宅介護を継続することが困難になっているケースもあります。 状況を判断して適切な介護施設を紹介したり介護保険が適応できるサービスなど情報提供して経済的な負担を軽減します。

午後からは地域に住む1歳半の乳幼児の集団検診である<1歳半検診>があります。 身長や体重などの身体的な成長を確認するとともに「指先や運動能力の発達」や「言葉の発達」など色々な角度から乳幼児の発達を捉え異常の早期発見をします。

検診は小児科医・歯科医・栄養士など他のスタッフと一緒に実施します。 保健師は大勢の親子の検査がスムーズに実施されるように「会場の準備」「受付」「案内」などのコーディネーター的な役割もしなければなりません。

検診後はデータを整理して「継続的な観察が必要な子ども」や「医療機関を受診したほうが良い子ども」などを抽出します。 検診は午後の大部分の時間を要しますが、残った時間で「明日訪問予定のご家庭の確認」や「保健所内の他部署との業務調整」をします。

以上、保健師転職先の一つである保健所での1日の仕事をご紹介しました。 これ以外に「成人病検診を実施する日」「予防接種の集団接種を実施する日」など保健所で勤務する保健師の一日は、その日の予定によって大きく異なります。

共通して言えるのは「事前の準備とその後のデータ管理をきちんとすること」で多くの対象者を相手に円滑に業務を遂行できることです。

↑ PAGE TOP